車の情報をしっかり聞いておこう

>
この記事をシェアする

タバコの臭いがしないか調べる

タバコの臭いをチェックしよう

実際に試乗すれば車内の臭いが分かります。
走行距離や修復歴など、車の運転機能に関係する部分だけをチェックして、納得してしまう人が見られます。
ですが運転機能に問題はなくても、車内の臭いが気になったら運転したくなくなるでしょう。
外見だけで、中古車を判断しないでください。
試乗して、車内にも問題がないか調べてください。

以前、どんな人が乗っていたのかも聞きましょう。
タバコを吸う人だったら、嫌な臭いが染みついている可能性が高いです。
消臭剤を使っても改善できないので、そのような臭いが気になったら避けてください。
臭いが気になると、運転に集中できないので危険です。
運転している時に、事故を起こしてしまうかもしれません。

シートにも座ってみよう

車内に入って臭いをチェックする時に、シートにも座ってください。
自分にフィットしないと、何となく気に入らないことがあります。
乗り続けていれば慣れるでしょうが、気に入らなかったらやめるのも良い選択です。
気に入らない部分が1つでもあったら、考え直しましょう
身体にフィットするシートだったら、運転しやすいのでおすすめです。

ただ、シートの高さや背もたれは変えることができます。
試乗する時に動かして、自分にピッタリの高さにしてください。
それでも納得できなかったら、自分に合っていない車だと思いましょう。
気になった車があれば、とりあえず試乗するのがおすすめです。
見た目だけではわからないことが多いので、乗ってみましょう。


Copyright © 中古車を買うときに見落としがちなこととは. All Rights Reserved.

TOPへ戻る