何度も修理している車は避ける

中古車は、価格が安い部分が魅力です。
新しい来車が欲しいと思っても、新車は高額で買えないという人におすすめです。
中古車を購入する時は、修復歴に注意してください。
修復歴とは、車を修理に出した記録のことを言います。
修復歴が少ない中古車なら、安心して乗ることができます。
しかし修復歴が多い車は、少し危険です。
もしかしたら、ボロボロの状態かもしれません。
そんな車に乗っていると、運転中トラブルに巻き込まれる可能性があります。

走行距離にも注目しましょう。
できれば、走行距離が短い中古車を選択してください。
悪質な業者の場合は、メーターを元に戻して中古車を販売しています。
すると一見、走行距離が短いように見えます。
しかし実際は走行距離がかなり長いので、すぐに不具合が生じるかもしれません。
怪しいと思ったら、業者のスタッフに詳しく聞いて、本当に正しい走行距離なのか確認してください。

車内の臭いも確かめてから、購入を決めてください。
以前車に乗っていた人がタバコを吸う人だったら、臭いが気になるかもしれません。
タバコの臭いを受け付けない人が見られます。
気に入った車があったら、必ず車内に入って臭いを確認してください。
タバコの臭いは、なかなか落ちません。
車用の消臭剤が販売されていますが、タバコの臭いと混ざってさらに嫌な臭いになることが考えられます。
受け付けない臭いだと思ったら、残念ですがその中古車は控えた方が良いでしょう。

タバコの臭いがしないか調べる

走行距離などに問題がなくても、車内の臭いが納得できない場合があります。 中古車は、以前車を使用していた人の独特の匂いがするかもしれません。 特に、タバコの臭いが気になってしまう人がいます。 きちんと試乗して、臭いが気にならないか確かめてください。

Copyright © 中古車を買うときに見落としがちなこととは. All Rights Reserved.

TOPへ戻る